新築や中古のマンションを購入する場所として、東京で人気のある沿線をご紹介しましょう。

住みやすくて環境のよいマンションを買おう

住みやすくて環境のよいマンションを買おう

東京の新築マンション人気の沿線

新旧のマンション物件が多いのは、やはりなんと言っても東京です。
交通の便が発達しているので、23区はどこに住んでも都心へのアクセスは良好です。
また離島などは別として、23区以外の三鷹市、武蔵野市、国分寺市などは自然に恵まれ、緑の多い公園なども多い環境ながらも、都心へのアクセスも良好で、オシャレなお店も多い住みやすいエリアです。
都心よりも家賃や物価も安いので、若い世代やファミリーに人気があります。
23区内で今、新築や中古マンションを購入したい沿線で人気があるのは、JR山手線沿線です。
朝から夜まで本数も多く、首都圏の大動脈的な役割を果たす鉄道なので、どの駅を利用しても新宿、渋谷、有楽町、品川、東京などの主要駅に乗り換えなしで行けるので便利です。
また駅によっては、駅ビルが充実し、駅周辺も再開発でビジネス、ショッピング、グルメなどに便利な住居エリアも含む複合ビルもでき、駅周辺だけでも日常の用事が住むようなところもあるので、今後もさらに注目度が高くなるでしょう。
また次いで人気があるのがJR総武線・中央線沿線です。
新宿を中心に、中野、高円寺、荻窪、吉祥寺など、物価が安くて暮らしやすく、オシャレなお店なども集積している若者に人気のエリアが集中しているのが人気の秘密でしょう。
船橋や幕張などの千葉方面は大型マンションの集積している再開発地域が多く、大型複合施設もあるので日常の生活に便利で、都心と同じ予算で広いスペースの物件で暮すことができ、ファミリー層に人気があります。
さらにこれからの注目株として人気があるのが、東急東横線沿線です。
賃貸でも分譲でも「ここに住みたい人気No.1」の街、自由が丘や、若者に人気の中目黒、学芸大学、駅周辺の開発が進んでいる武蔵小杉などの駅がある路線です。
また、副都心線と相互乗り換えになってからは、渋谷から更に新宿、池袋、森林公園まで足が延びたので、非常に便利になったのも人気の理由でしょう。