販売予定物件の場合は、資料を請求すれば間取りや予定価格を知ることができ、モデルルーム優先予約や、物件情報のメルマガ、インテリアコーディネートイベントなどメリットがあります

住みやすくて環境のよいマンションを買おう

住みやすくて環境のよいマンションを買おう

販売予定物件には色々とメリットがある

物件情報を見ている時に目に付く「販売予定物件」とは、どのような物件なのでしょうか。
これは間取りも販売期も確定してモデルルームのある新築マンションとは異なり、一般販売が始まる前の状態の物件です。
はっきりした間取りが1部しか公開されておらず、価格も掲載されていないので、詳細が良くわからないケースも多いものです。
これは、販売予定期からすでに販売案内をして、お客さんに情報を流し反応を見ながら今後のプランや正式な販売価格を決めるために行われています。
「まだ販売もされていないし、価格も詳細も未定のうちでは不安で…」と思う人は多いと思いますが、この段階で色々と情報を集めてチェックし比較検討することで、理想のお部屋に巡り会うことができるのです。
資料を請求すれば、間取りや予定の販売価格を教えてもらえたり、モデルルーム見学を優先予約できたりなどのメリットもあります。
販売予定物件は、誰でも見れるネットでは情報は一部しか公開されていませんが、資料を請求すれば間取り、設備などの詳しい情報や予定価格を教えてくれたり、インテリアコーディネートイベントに案内をしてくれることもあります。
また物件情報をメルマガで送ってくれる会社もあるので、早い時期から情報収集したほうが、希望する物件に出会う確立は高くなります。
販売予定物件は、まだ工事中なので、間取りや仕様を変更することが可能になるケースも多いのです。
無料のオプションで壁紙や床、扉の色などをサンプルの中から自由にセレクトできるケースも多くなってきました。
さらに資料請求することで、現地見学会に参加することができる場合もあります。
建設の進行具合によっては、マンションの土台構造などをこの目で確かめられるのもメリットでしょう。
さらに、購入予定の部屋を3LDKから仕切りを取って2LDKに変更するなどの工事を受けることもあり、有料になっても出来上がってから自分達でリフォームするより安くなる可能性があります。