マンションのモデルルームを見学する際には、インテリアの雰囲気に惑わされないことが大切です。小さく貼ってあるオプションのシールにも気をつけましょう。

住みやすくて環境のよいマンションを買おう

住みやすくて環境のよいマンションを買おう

モデルルーム下見の際の注意点

新築のマンションを購入する際には、完成済みではない場合にはモデルルームを下見して、購入するかどうかを検討することになります。
パンフレットや間取り図などではわからない、リアルな空間が目の前に広がるので、購入モチベーションも高まり、新しい生活への夢も広がります。
ただしモデルルームを見る際には注意が必要です。
雰囲気に流されて購入を決めてしまわないようにして下さい。
まず大切なのはそこに配置されている家具に惑わされないことです。
モデルハウスはあくまでも「モデル」なので、お部屋を素敵に演出する家具やインテリア小物などでデコレーションされています。
でもあくまでもそれは演出なので、それらを除外した「スッピン」の状態の部屋を想像しながら、自分の家にある家具を持ち込んだらどうなるかを考えましょう。
また「オプション…詳しくは係のものにおたずねください」のオプションシールも見逃さないようにして下さい。
作り付けの棚や、素敵なクロスなどもよく見るとオプションの場合があり、気がつかずに決めてしまってから、かなりの予算がかかったなどということもあるので要注意です。
また素敵な演出をしているので、うっかりしてしまいがちですが、実はモデルルームでテレビが置いていないリビングもあります。
それはコンセントやアンテナジャックのある壁面の近い所にテレビを置くと、ソファを壁面に持ってこれないので、部屋とダイニングの中間に置かざる終えなくなり、見た目が狭くなります。
そのために壁面にソファを置き、部屋を広く演出しているケースもあります。
見た目のイメージに惑わされずに、コンセントの位置を確認し、実際にテレビやオーディオなどを置いた場合どうなるのかも想定してみましょう。
また実際に動き回ってみて、家事動線が良いか、使い勝手が良いかを確認することも大切です。
どうしても間取りやシステムに目がいってしまいがちですが、床や壁などの構造は、どのようになっているのかなど、モデルルームの下見ではわからない部分は詳しく説明を受けるようにして下さい。